【購入について①】不動産ご購入の流れ

みなさんこんにちは!

お元気でいらっしゃいますか?

ずいぶん秋も深まって、冬間近な寒さの日もありますが風邪などひいてはいませんか?

私には風邪を引かないために数年前からやっている健康法があります。

 

それは、年間通してお風呂のあとに冷水を浴びることです。

夏は普通に気持ちよく、シャキッとします(^^)

冬はちょっと勇気がいりますが、お風呂上がりのポカポカ感は長く続きます。

振り返ってみると、この方法を始めてから風邪を引いたことはありません。

むしろサボったことが一度だけあるんですが、その後見事に風邪で熱が出ました。

万人に良い方法ではなさそうなのでオススメはできませんが、体力に自信のある方はぜひ試してみてください。

 

 

さて、本日のテーマは「不動産購入の流れ」です。

①改善したい点を明確に

・ご購入の条件についてのアドバイスやご不明な点のお問合せなど、お気軽にご相談ください!

②資金計画

・毎月いくらの返済でどのくらいのローンが組めるのか?

・ご購入に伴う費用はどのくらいなのか?

・無理のない資金計画をご提案いたします!

③ご案内からご購入まで

・ご希望の資金計画に沿った物件を、地域専門のイエステーションが豊富な不動産情報の中からご提案いたします。

④ご見学のポイント

・いよいよ物件見学です。地域専門スタッフが物件を一緒にご案内させていただきます。

⑤契約を決めたら購入申込みをしましょう

・ご購入したい物件が見つかりましたら不動産購入申込書に条件等を記入します。

⑥重要事項の説明

・ご購入が決定しましたらご契約の前に不動産取引にあたって専門的な知識を有する宅地建物取引士が、

物件に対する重要な事柄を書面にてご説明いたします。

⑦売買契約の締結

・重要事項の説明を受け、内容をご理解されたあと、売買契約の締結となります。

・契約成立時、売主様に手付金をお支払いいただきます。

⑧ローンのお申込み

・住宅ローンの必要書類や申込み方法などについてわかりやすくご説明いたします。

・様々なローンのお手伝いも行っております。

⑨ローンの承認とローン契約

・住宅ローンの本承認が通りましたら、銀行とお客様とのローン契約を行います。

⑩引渡し前の最終確認

・不動産が引き渡し可能な状態であるかを買主様、スタッフの立ち会いのもと、最終的な確認をします。

⑪残代金の支払と支払いと物件の引渡し

・売買残代金の支払いと同時に、所有権移転登記と物件の引渡しを行います。

⑫税金の申告

・住宅ローン控除を受けられる方は、住宅入居した年の翌年の2月中旬〜3月中旬の間で、

税務署に申告する必要があります。

 

 

ざっくりした大枠はこんな感じです。

⑧.⑨.⑩は、⑥.⑦の前に来ることがほとんどです。

①→⑪までをお急ぎの方は、スケジュールがタイトになりますし同時進行でいろんなことをこなすこともあります。

資金計画も大事ですが、スケジュール管理もとても重要になりますので、

なんでも遠慮なく担当スタッフに質問してください。

 

一生に何度もない大きな買い物ですから、後悔のないように一緒に悩み、考え、ハッピーエンドを迎えたいものですね。

 

 

では、また次回を楽しみにしていてくださいね。

さようなら(^_^)/~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP