印紙税について

イエステーション鹿児島中央店 神田です。

今回は印紙税について少しお話させて頂きたいと思います。

土地・建物の購入や住宅を新築するときにまず、はじめにかかる税金が印紙税です。印紙税は、売買契約書。建築請負契約書や銀行のローン利用のさいに

金銭消費賃借契約書など作成について、売買金額、請負金額やローンの借入額に応じて、1通ごとに一定の収入印紙を貼付し、消印することによって納税します。

不動産の譲渡に関する契約書の印紙税

100万円超500万円以下=1,000円

500万円超1,000万円以下=5,000円

1,000万円超5,000万円以下=1万円

住宅ローン利用に関する金銭消費賃借契約書の印紙税

500万円超1,000万円以下=1万円

1,000万円超5,000万円以下=2万円

5,000万円超1億円以下=3万円

不動産購入の際にはいくらの印紙が必要か、知っておくのもいいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP